●初夏の花ふきん展

5月5日・6日・7日
鎌倉KAYAスタジオ
鎌倉市大町1-16-12
11時〜16時
刺し子は昔、布の繕い、防寒などのため、一針一針布を重ねて糸を刺していった技法の一つです。現在は、繕いものなどはあまりなくなりましたが、刺し子の模様の美しさは引き継がれています。
その中で花ふきんは、嫁ぐ娘に母親が婚家先の家族の分を作って持たせました。
今回の展示は、伝統的な模様とあさぎやのオリジナルの模様で作った花ふきんの展示です。
花ふきんや刺し子のくるみボタンをつくるワークショップも行います。
また、こだわりの素材を使ってひとつひとつ丁寧に作っている「お菓子屋 まるの」の焼き菓子の販売もあります。是非ご賞味ください。
また同時に、ワークショップとして
●刺し子のくるみボタン
   刺し子のくるみボタンをつくります。
  模様は、アジサイ、すくい刺し、米刺し
  参加費  500円
  予約なしで、開場している時間内にご参加いただけます。
●刺し子の花ふきん ワークショップ
5月7日(日)
13時〜15時
花ふきん展に合わせて、花ふきんのワークショップを行います。
今回は、まだ少し早いのですが鎌倉に合わせてアジサイ模様の花ふきんです。
ラベンダー色の木綿のふきんに、アジサイ刺しとアジサイの花の模様を刺します。
参加費 3000円(材料費込み)
お申し込み、お問合せは